AppleWatchって結局便利なの?2年使って身についた4つの習慣

ガジェット

皆さん、ウェアラブル端末使ってますか?
私は2016年にAppleWatch Series2を購入し、以来2年間毎日使い続けています。
AppleWatchを付けていてよく聞かれるのが「それって何が出来るの?」という質問。
実はこの質問、なかなか答えづらい。なぜなら、
“AppleWatchは、iPhoneで出来ることをより便利に実現する”為のツールだからです。
AppleWatchで出来ることをただ説明しても「でもそれってiPhoneでも出来るよね?」と一蹴されます。
重要なのは、何が出来るのか、ではなく、何が便利になるのか、です。
そこで今回は、2年間AppleWatchを使って身についた便利な習慣について語りたいと思います。

iPhoneの通知はAppleWatchで秒殺確認する

LINEやメールなど、iPhoneに通知される情報は基本的にAppleWatchにも通知することが出来ます。
アプリ毎に通知有無を設定出来て、Watch側に通知した場合はiPhoneでは通知されません(通知履歴は確認可能)
これの何が便利かというと、通知を確認する時間が圧倒的に短くなること。
iPhone単体だと、iPhoneを取り出して画面を確認する必要がありますが、AppleWatchだと腕に視線を落とすだけ。
通知は一日に何度も発生するイベントなので、このひと手間が短くなる利便性はかなり大きいです。

もう1つ便利なのが、通知の確認漏れがなくなること。
iPhoneをポケットやカバンにしまっていると、移動中のバイブレーションに気づかないことってよくあるじゃないですか?
AppleWatchのバイブレーションは余程鈍感じゃなければ100%気づきます。
お陰でうっかり電話を取り損ねることもなくなりました。

買い物はAppleWatchで支払い

AppleWatch Series2以降はApplePayに対応しているので、iDやQUICPayを使ってWatch単体で支払いが出来ます。
Watchのボタンをダブルクリックするだけで支払い待機状態になるので、レジ前でもたつくこともありません。
私は基本的にiPhoneを肌身離さず持ち歩くのでiPhoneで決済することも出来るんですが、Watchをかざす方が楽です。
あと、レジの人が「それで支払えるの!?」みたいな顔をするので若干ドヤれますw

ちなみに、AppleWatchにはSuicaを入れることも出来るんですが、私は入れていません。
なぜかというと、1つのSuicaをiPhone/AppleWatchのどちらか一方にしか入れることが出来ず、Watchだと改札を通りづらいから。。
改札だけはiPhoneの方が便利。左利きの場合はWatchに統一してもいいかもですね。

座りっぱなしを解消して頭痛を予防

 

AppleWatchは1時間座りっぱなしだと、「そろそろ気分転換しようぜ」と優しく通知してくれます。
私は頭痛持ちなんですが、何時間も座りっぱなしでモニターを見ていると高い確率で発症します。
それが、1時間に一度、1分くらい歩きながら身体をほぐす習慣を身に付けるだけで発症頻度が激減しました。

ちなみにそんな機能邪魔くさい!って場合は勿論OFF出来ますよ。

スイミングで泳いだ距離・泳法を記録

 

学生時代水泳部だった影響で今でもジムでよく泳ぐんですが、
なんとこのAppleWatch、泳いだ距離だけでなく泳いだ泳法まで正確に記録してくれます!
防水・GPS搭載でかつコンパクト設計のAppleWatchだから出来る神機能!

勿論時間も測定できるので、ラップタイムも後から確認可能です。


それまではプールサイドのペースクロックを見て、大体のサイクル・距離で泳いでいました。
AppleWatchを導入してからは各ラップタイム・泳法・心拍数が記録に残るため、
「このペースだと心拍数が上がり過ぎてバテる」
「500m以降ペースが落ちる」
なんてことをあとから振り返ることができ、モチベーションが上がります。
ちなみにスイミングを例に上げましたが、ランニングでも同じことが出来ますよ!

まとめ

 

冒頭でも書きましたが、AppleWatchはiPhoneで出来ることをより便利に実現するツールです。
iPodやiPhoneをはじめて触ったときのような衝撃はありませんが、
使い続けることで便利さが生活に浸透していくような感じです。
今回は4つの習慣を上げましたが、これ以外にも色々と便利なアプリが揃っていますよ。
(ポモドーロタイマーや投資関連通知など、機会があれば別記事でまとめます)

AppleWatch、iPhoneユーザーには文句なしにおすすめです!