iPhoneが遂にモバイルPASMO対応!早速Androidから移行してみた

雑記

Android版から長いこと待たされましたが、2020年10月6日にようやくiPhoneもモバイルPASMOに対応しました!私は私鉄ユーザーなので仕方なくPASMOのためだけにXperia1を持ち歩いてましたが、これでようやくiPhoneに一本化できます。(新型コロナの影響でテレワーク主体となった今、移行するメリットはほぼないのですが。。)とはいえ好奇心で早速AndroidからiPhoneに移行してみたので、手順を記録しておきます。

Android側の事前準備

まずは、Android側でこれまで使っていたPASMOをサーバーに預ける必要があります。

1.おさいふケータイアプリを立ち上げて移行したいPASMOの「メインカードを切り替える」を選択

2. 画面下部の「カードを預ける(機種変更)」を選択

3.「預ける」をタップしてAndroid側の作業は完了。このとき、表示されているID(メールアドレス)が受け取り時に必要にあるので覚えてください

iPhone側でPASMOを受け取る

1.まずはAppStoreでモバイルPASMOアプリをダウンロードしてください。

Download on the App Store

2.アプリを起動して「機種変更・利用していたPASMOが見つからない方」をタップするとタイプ選択画面になります。ここでは下部の「Androidで利用していた方」の方を選択

3.Androidでデータを預けた際に利用したID(メールアドレス)とパスワードを入力すると、内容確認画面となります。登録電話番号などを変更したい場合は「情報変更する」を、特に情報の変更が必要ない場合は「機種変更する」を選択してください。ちなみに「情報変更する」を選択後にこの画面に戻ることもできるので、一旦画面を遷移して情報を確認することも可能です。

4.選択後しばらく待つと、無事にPASMOが追加されます。

PASMO利用時の注意点

クレジット・PASMO一体型カードからは移行不可

京王パスポートPASMOカードやソラチカカードなどのPASMOとクレジットカードが一体型になっているカードからはモバイルPASMOに移行できません。クレジットカードとPASMOの紐付けは解除不可ということです。

クレジット・PASMO一体型カードではオートチャージ不可

上記と関連した話ですが、一体型の場合はクレジットカードとPASMOの紐付けを解除することができません。言い換えると、オートチャージの対象となるPASMOを変更することができないということです。よって、一体型カードを使ってモバイルPASMOにオートチャージすることはできません。

京王パスポートPASMOカードの各種特典は利用不可

京王パスポートPASMOカードでは、月間PASMO利用額に応じたポイント還元や、電車・バスを同日に利用した場合のポイント還元などの特典を受けることができます。しかし、京王パスポートクラブとPASMOの紐付けも一体型の場合解除することができないので、これらの特典もモバイルPASMOでは受けることができません。

iPhone7、AppleWatch Series2では利用不可

モバイルSuicaはiPhone7及びAppleWatch Series2から利用できますが、モバイルPASMOはiPhone8以降が対象端末となっています。推測ですが、iPhone7は当時日本限定でSuicaのみを特例で開放した経緯もあり、felicaまわりの制約があるのだと思います。こればかりは仕方ないですね。

まとめ:Androidからの移行は簡単。私鉄定期券ユーザーには朗報だが。。

上記の通りAndroidから極めて簡単に移行することができました。モバイルPASMOの最大のメリットは私鉄の定期券を搭載できることです。逆にいうと、今モバイルSuicaを使っている人はそれ以外の理由で乗り換えるメリットがほぼありません。私は私鉄通勤なのでモバイルPASMOのiPhone対応を渇望していたのですが、皆さんご存知の通り新型コロナウイルスにより首都圏の通勤模様は激変しました。テレワーク主体となり交通費も定期ではなく実費精算に移行したため、モバイルPASMOの恩恵を受ける前に出番がなくなってしまいました。。せめてあと1年早ければ。。